スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

category : - | - | -
米の種類と米の炊き方

米ぬかについて

ぬかをしっていますか?ぬかには美肌成分(ビタミンB群、Eが豊富)がふくまれています。
昔のひとは生活の知恵として米ぬかをよく利用していたようです。米ぬかは石鹸と同様にアルカリ性で現在でも米ぬかを使用した化粧品もあるそうです。
米ぬかは市販の薬用石鹸と違い肌の弱い人、アレルギー体質の人も米ぬかなら安心して使用することができます。
また、米ぬかは家庭園芸の肥料として使用することができ、畑などの土の上へ撒いたり、土に混ぜ発酵させ肥料として使用したりもします。

category : お米の種類 | - | trackbacks(0)
米の種類と米の炊き方

世界と比べた日本のお米の種類と品質

お米の育て方にも、日本のジャポニカ米と比べて大きな違いがみられます。日本ではお米は一年に一回しか栽培しませんがフィリピンなどでは一年に二回、三回とお米を栽培します。
日本の気候は雨が多いため灌漑用水や水田の排水路などがよく整備されていて、お米の収穫量がある程度安定していますが、雨の少ない国や灌漑用水や排水路などがあまり整備されていない国ではしばしば干ばつや洪水などによりお米の収穫量が激減したりしてしまいます。
日本ではおいしいお米を作るために、肥料やさらにはアイガモ農法などのように栽培するのに手間のかかる育て方をしてお米に付加価値をつけて品質を上げています。
外国では、自国で余った分のお米を輸出しているため、お米の国際価格で勝負するために少しでも安くなるために大規模でさらにあまり手間をかけないように栽培しています。そのため、日本ではジャポニカ米という品種のお米が最適であり、外国ではインディカ米が最適だったと言うことです。
category : お米の種類 | - | trackbacks(0)
米の種類と米の炊き方

世界と比べた日本のお米の種類と品質

日本で栽培されているお米はジャポニカ米と呼ばれる<strong>お米</strong>ですが、ここで世界に目を向けてみると<strong>お米</strong>の生産が盛んな東南アジアではほとんどがインディカ米と呼ばれるお米です。
このジャポニカ米とインディカ米の違いは、風に対しての倒れやすさからいもち病に対する抵抗力、肥料の効きやすさ等があります。
ジャポニカ米は肥料をあげれば収穫が良くなりますが、インディカ米は肥料の効きが悪く肥料はあまり与えません。しかも「いもち病」に対する抵抗力も強いので農薬もあまり使いません。ようするに、ほぼ「ほったらかし??」のような感じになります。
さらに、育て方にも、日本のジャポニカ米と比べて大きな違いがみられます・・
category : お米の種類 | - | trackbacks(0)
米の種類と米の炊き方

お米の栽培方法による稲の分類

お米とは収穫前の状態は、稲と呼ばれ、米は稲の種子の部分のことをいいます。
お米の栽培方法による稲の分類は大きく分けて2つに分類されます。
水を張った田んぼ(水田)で栽培されるものを、「水稲(すいとう)」と言い、現在の日本では、ほとんどがこの栽培方法で育てられています。
陸稲(りくとう) 麦などと同じように畑のような場所で栽培されるものを「陸稲(りくとう)」または「おかぼ」と言います。アジアの各地では、この栽培方法で育てられていることが多く、苗を育てて田植えをするのではなく、種籾をそのまま直に畑にまいて育てます。
category : お米の種類 | comments(0) | trackbacks(0)
米の種類と米の炊き方

ブランド米の歴史

ブランド米の歴史を少し見てみると、江戸時代にはすでに讃岐米(さぬき まい)とか庄内米(しょうない まい)などという、昔の国名がついたブランド米があったようです。
ブランド米は病気などに強いイネと、おいしいイネをかけあわせて、さまざまな品種を創り出し、新品種を開発します。
しかし、ブランド米とは生産してからすぐにおいしいと、みんなから認められるわけではなく、何年も生産を続けて、人々においしいと言われるようになってはじめて「ブランド米」となります。
category : お米の種類 | comments(0) | trackbacks(0)
米の種類と米の炊き方

ブランド米とは

はご飯として食べる以外にビールや清酒、米菓子などに使われるものもふくめ、今は300種類ものが全国で生産されています。
その中でも、コシヒカリ、あきたこまち、ひとめぼれ、ササニシキ、ヒノヒカリ、ほしのゆめ、キヌヒカリ、といった米は、おいしい米として知られており「ブランド米」といわれています。
そもそも、お米の名前は、国立の試験場で作られたものはカタカナ、県の農業試験場で開発されたものはひらがな、というふうな呼ばれ方をしていました。
しかし、カタカナではイメージがかたすぎたために最近では、国で開発されたものでも「ひとめぼれ」といったように、ひらがなに変わってきています。
category : お米の種類 | - | trackbacks(0)
米の種類と米の炊き方

お米の違いはでんぷんの違い

お米の違いはでんぷんの成分によるところが大きいです。
世界中で作られているおの種類は大きく分けると「ジャポニカ種」と「インディカ種」に分けることができます。
「インディカ種」は主に東南アジアで栽培されており、特徴としては細長くてややパサパサしたお米で調理方法としては煮て食しています。
それに対して、「ジャポニカ種」は日本でつくられている粘りのあるお米で調理方法としては炊飯で食しています。この粘りがでんぷんの成分の違いによりでてくるものです。
category : お米の種類 | comments(0) | trackbacks(0)
米の種類と米の炊き方

もち米とうるち米の違い

もち米うるち米(私たちがふだん食べている米のことです)の違いは一言で言うとでんぷん分子の違いです。
もち米もうるち米も形はほとんど同じです。
米の主な成分はでんぷんです。そのでんぷんにはアミロース、アミロペクチンという種類があります。
うるち米のでんぷん分子はアミロースが20%、アミロペクチンが80%の割合で、もち米のでんぷん分子はアミロペクチン100%の割合になっています
アミロペクチンというでんぷん分子は、お餅に代表されるようにお米が粘る原因になります。

category : お米の種類 | comments(0) | trackbacks(0)
米の種類と米の炊き方

日本人にとってお米とは 

日本の食文化の歴史をみてみると、もともと日本人はお米を主食にしていました。
しかし、鎖国が解かれた明治以降になると小麦を使ったおに変わる主食が登場してきました。
パンやスパゲッティはもちろん、うどんなどもそうですね。こういった、小麦を使った料理の登場で日本人の食生活は変わっていきました。
それでも、1週間に一度もお米(ご飯)を食べないという人は少ないと思います。
海外赴任で外国生活が長くなると、無性に日本のお米(ご飯)が食べたくなるというのはよく聞きますね。
昔から延々と続けられてきた日本人の米食文化は、しっかり根付いています。
category : お米の種類 | - | trackbacks(0)
米の種類と米の炊き方

お米の捉え方は国や地方によって違います。

世界地図を見て、を主食にしているのは東洋の限られた地方で、北は日本や朝鮮半島、西はインド、ビルマ、中国、南はスマトラや太平洋諸国、東南アジアの国々が主なところです。その他には、アフリカのマダガスカル島、南米大陸の一部でも米を主食にしているところがあります。
主食とはしないがを食べる国となると、極地やよほどの北国以外のすべてと言えるほど広範囲にわたります。それらの地域では「稲は野菜」であって、大根やほうれん草を使うのと同じように扱います。
日本人のように米を特殊なものとして扱ってはいないようです。
JUGEMテーマ:家庭


category : お米の種類 | comments(0) | trackbacks(0)
米の種類と米の炊き方
Page: 1/3   >>
お米の種類 | 米の種類と米の炊き方サイトトップへ