スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

category : - | - | -
米の種類と米の炊き方

お米の成分

の成分は、水分・でんぷん・たんぱく質・脂質・ミネラルが主な成分です。
これら水分・でんぷん・たんぱく質・脂質・ミネラルがバランスよく含まれているのがおいしいお米といわれています。
さらに詳しく、お米の成分をみますと、でんぷんにはアミロースとアミロペクチンの2種類があり、ねばりとかたさのバランスはこの2種類のお米の成分で決まります。
アミロペクチンが多いお米は、ねばりがあり、ほどよい歯ごたえがあります。
一方、アミロースが多いお米はかたく、パサパサしています。
同じお米の品種ならお米の成分も同じかというと、そうゆうわけでもないみたいです。同じお米の品種でも、稲が育つ気温によってお米の成分の含有量が異なってきますので、やっぱりその年の気候によっておいしいお米かどうか違ってくるみたいですね。
category : お米の栄養 | - | -
米の種類と米の炊き方

お米と栄養素

には、いろいろな栄養素がありまよ。
例えば、お米はエネルギー源です。 主なお米成分を調べてみると、炭水化物76%、たんぱく質7%、脂質1%などです。
お米は、体を動かすガソリンともいえるでしょう。またお米は、消化吸収率は98%と高くて、精白米100gあたりの熱量は356キロカロリーにもなるのですよ。お米は、体を作るたんぱく源でもあるため、お米のたんぱく質にはアミノ酸がバランスよく含まれています。
お米のたんぱくを100とすると、精白米は81で、牛肉79や大豆70よりも高い値なのですよ。 このほかいろいろな栄養素がお米には入っているんですよ。
お米100g当たりの成分をあげると・・
ビタミンB1 0.12mg ・ビタミンB2 0.03mg
ナトリウム 0.02mg
糖   質 75.5g
たんぱく質 6.8g
カルシウム 6mg
繊   維 0.3g
脂   肪 1.3g
どうですか?お米を毎日食べると体にとっていいことだとわかりますよね。
category : お米の栄養 | - | -
米の種類と米の炊き方
Page: 1/1   
お米の栄養 | 米の種類と米の炊き方サイトトップへ