スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

category : - | - | -
米の種類と米の炊き方

もち米とうるち米の違い

もち米うるち米(私たちがふだん食べている米のことです)の違いは一言で言うとでんぷん分子の違いです。
もち米もうるち米も形はほとんど同じです。
米の主な成分はでんぷんです。そのでんぷんにはアミロース、アミロペクチンという種類があります。
うるち米のでんぷん分子はアミロースが20%、アミロペクチンが80%の割合で、もち米のでんぷん分子はアミロペクチン100%の割合になっています
アミロペクチンというでんぷん分子は、お餅に代表されるようにお米が粘る原因になります。

category : お米の種類 | comments(0) | trackbacks(0)
米の種類と米の炊き方

日本人にとってお米とは 

日本の食文化の歴史をみてみると、もともと日本人はお米を主食にしていました。
しかし、鎖国が解かれた明治以降になると小麦を使ったおに変わる主食が登場してきました。
パンやスパゲッティはもちろん、うどんなどもそうですね。こういった、小麦を使った料理の登場で日本人の食生活は変わっていきました。
それでも、1週間に一度もお米(ご飯)を食べないという人は少ないと思います。
海外赴任で外国生活が長くなると、無性に日本のお米(ご飯)が食べたくなるというのはよく聞きますね。
昔から延々と続けられてきた日本人の米食文化は、しっかり根付いています。
category : お米の種類 | - | trackbacks(0)
米の種類と米の炊き方

多様なお米の料理方法

日本はおは炊いて調理するものです。例えば・・

すし(酸味をつけたご飯を使った料理)
炊き込みご飯(季節の具などをいれて炊いたご飯)
茶づけ(ご飯にお茶をかけたもの)
おにぎり(ご飯を手でまるめたもの)

などです。しかし、中国では多様なおの料理方法があります。

炒飯(チャオファン)
桂花炒飯(クイホワチャオファン:卵入り)
咸菜(シェンツアイ:高菜の塩漬入り)
什景(シーチン:五目)
おかゆ
白粥(パイチョウ:何も入らない)
肉元子粥(ローユワンズチョウ:肉団子)
チーリュウシャオチョウ(とりささみと油条)
チーハーゴウフファン(いり豆腐をご飯にのせたもの)
天津飯(テンシンファン:かに玉ご飯)
メンファン(炊き込みご飯)
ニューナンファン(牛肉あんかけ)
粽(ちまき)鍋巴(ゴオパ:おこげを器にくずびきしたスープをかけたもの)
糯米元子(ヌオミーユワンズ:肉団子にもち米をまぶした点心)

など、お米を使った料理が主に、主食として用いられています。さすがは中国ですね。
JUGEMテーマ:健康


category : お米の炊き方 | comments(0) | trackbacks(0)
米の種類と米の炊き方

お米の捉え方は国や地方によって違います。

世界地図を見て、を主食にしているのは東洋の限られた地方で、北は日本や朝鮮半島、西はインド、ビルマ、中国、南はスマトラや太平洋諸国、東南アジアの国々が主なところです。その他には、アフリカのマダガスカル島、南米大陸の一部でも米を主食にしているところがあります。
主食とはしないがを食べる国となると、極地やよほどの北国以外のすべてと言えるほど広範囲にわたります。それらの地域では「稲は野菜」であって、大根やほうれん草を使うのと同じように扱います。
日本人のように米を特殊なものとして扱ってはいないようです。
JUGEMテーマ:家庭


category : お米の種類 | comments(0) | trackbacks(0)
米の種類と米の炊き方

おいしいお米の条件

お米を食べるとき私たちは食べ物のおいしさを舌だけでなく、五感を使って味わっていますね。
中でも、お米のねばりと堅さのバランスを左右するのが、アミロースというでんぷんです。多くの人が感じるおいしいご飯のおもな条件というのを紹介したいと思います。
視覚 色が白く、つやがあり、つぶの形が良い
聴覚 かむとき音がほとんどしない
嗅覚 風味がある
味覚 いくらかんでも味が変わらず、多少油っこい感じと、なんとなく甘い感じがするが無味に近い
触覚 あたたかく、ご飯つぶがなめらかでやわらかく、ねばりと弾力がある
これらの、条件がご飯をおいしいと感じる条件になると思います。
 
JUGEMテーマ:家庭


category : お米の種類 | comments(0) | trackbacks(0)
米の種類と米の炊き方

米びつの掃除方法

米びつを空にしてお湯で固く絞った雑巾でふきます。もちろん、米びつの四隅も丁寧に拭きましょう 。シャッターのあるタイプの米びつは特に念入りにふかないといけません。シャッター部分にヌカがつき米虫の原因になるからです。
一日、日光干しをしてから米びつを乾燥させます。その後、おを入れます。
お米の中に唐辛子を入れるとにおいをいやがり虫がつきにくくなります。また、米びつのふたの裏側などに鷹の爪をテープで固定して貼るのも効果があります。
唐辛子や鷹の爪、米虫予防グッズを米びつにはっておいても、効かないのは掃除を怠ることが原因です。
JUGEMテーマ:健康


category : お米の保存方法 | - | trackbacks(0)
米の種類と米の炊き方

美味しいお米の炊き方(ポイント編◆

美味しいおの炊き方のポイントを紹介します。
三つ目のポイントはしっかりと水につけることです。
ご飯の柔らかめ、固めなどのお好みはこの時の水の量で調整します。注意点としては、お

米を水に浸す時間が長すぎると水っぽくなってしまいます。


を水に浸す目安は、夏は30分、冬は1時間の浸水です。
最後に蒸らしたら混ぜるということです。
ご飯をふっくらとさせるためには、炊き上がりの余分な水分を飛ばすことが大切です。場所によるムラを均一にするために、蒸気の通り道をつくりましょう。ご飯を混ぜ、ご飯が水っぽくなったり固まったりするのを防ぎましょう。
ごはん粒をつぶさないように、まんべんなく上下左右入れ替えて混ぜるのがコツです。
category : お米の炊き方 | comments(0) | trackbacks(0)
米の種類と米の炊き方

美味しいお米の炊き方(ポイント編)

美味しいおの炊き方のポイントを紹介します。
をなぜ洗うのかわかりますか?お米に糠分や汚れがついたまま炊いてしうと、モソッとした食感のお米になってしまします。お米を洗ったつもりなのに、ご飯がなんとなく臭かったことはありませんか?
それはおの洗い方が不十分で糠分や汚れがお米についたまま炊いてしまったからです。精米がしっかりできたいないお米、古いお米、保存状態の悪いお米は要注意です。
お米の洗いかたは、基本はやさしくあらうことです。最近のお米は、洗わなくても大丈夫なものもありますがそれは例外として、お米を洗うときは力を入れず、混ぜるような感じで洗うのがよいでしょう。
要はおが傷つかないように洗うということです。
一回目のおの洗い水は特に、あっという間にお米は水を吸収します。せっかく洗って、ぬか臭さをとっているのにお米が吸収したら意味がありませんよね。お米の洗い始めは手早くしましょう。
通常お米の洗いは2〜3回水を替えればOKだと思います。ザルを使うなど工夫して、素早く水を切るとお米が吸収する前に水を捨てれて良いでしょう。
category : お米の炊き方 | comments(0) | trackbacks(0)
米の種類と米の炊き方

お米の種類

の種類は意外にたくさんの種類がありますよ。おの種類は全部で1000種類以上はあるのではないかと言われています。
の種類は大きくは次の3つに分けられます。
ジャポニカ米(短粒種、円粒種):日本型
学名:オリザ・サティバ・サブスペシース・ジャポニカ
インディカ米(長粒種):インド型
学名:オリザ・サティバ・サブスペシース・インディカ
ジャバニカ米(中粒種、半長粒種):ジャワ型
学名:オリザ・サティバ・サブスペシース・ジャバニカ
他にも栽培方法による分け方もあります

category : お米の種類 | - | trackbacks(0)
米の種類と米の炊き方

お米の種類

お米の種類は大きく分けて3種類ですが、このほかにも特徴あるお米として、古代米というお米もあります。

古代米は、その字のごとく稲の元となった原種の特徴を残した野生種のお米のことです。

古代米は、今のお米とは違って、玄米の状態では、色が赤や黒などの濃い色をしているのが特徴です。以前紹介したジャパニカ米、インディカ米、ジャポニカ米は品種改良されてお米の収穫量がおおくなるように改良されていますが、古代米は現在の米とは違って、収穫できる米の量は半分以下ですが生命力が強く、苛酷な環境でも育ちます。

古代米は収穫量は半分ですが大変栄養が豊富で、タンパク質やミネラル、ビタミンが多く含まれています。

古代米には、赤い色素・タンニンを含んだ「赤米」や紫色の色素・アントシアニンを含んだ「黒米」などがあります。
最近では古代米のその栄養価の高さに注目されてきているみたいですよ。

category : お米の種類 | - | trackbacks(0)
米の種類と米の炊き方
Page: 2/6  << >>
米の種類と米の炊き方サイトトップへ