スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

category : - | - | -
米の種類と米の炊き方

米料理

料理として「すしめし」について紹介したいとおもいます。
材料は・・
米:カップ3
こんぶ:10cm
合わせ酢の分量は・・
酢:大さじ3杯半〜4
砂糖:大さじ1杯半
塩:小さじ1杯半
  作り方
まず、お米を洗っておきます。3合分よりもすこし少なめに水をいれてこんぶをいれます。お米への吸水は30分以上させてください。
お米の準備ができたら炊飯器のスイッチを入れましょう。
スイッチが切れたら、10分ほど蒸らしてから、釜からすしおけにご飯を一気に移します。
ご飯が熱いうちに、合わせ酢(合わせ酢は別に合わせて温め、塩、砂糖を溶かし、味をなじませておく。)をふりかけて、少し蒸らします。
木しゃもじで切るように混ぜながら、うちわか扇風機で手早く冷まして、ご飯に酢の味をなじませます。
ご飯が冷めてしまうと、合わせ酢の味がしみこまないので、熱いうちに手早く、木しゃもじで切るように混ぜます。
category : お米の炊き方 | - | -
米の種類と米の炊き方

お米のおいしい炊き方

ここでひとつ米の炊き方の裏技を教えますと・・
前回紹介したように、夏なら30分くらい、冬は2時間くらいお米に水分を吸わせる時間がないときは、40〜50度のぬるま湯に15〜20分ほど浸してからお米を炊くとおいしいご飯になりますよ。
最後にお米のおいしい炊き方は、炊いた後のご飯をじっくり蒸らすことです。
蒸らすことで、ご飯の粒の水分が均一になります。蒸らしが十分でないと、水っぽいご飯になってしまいます。蒸らし機能のない炊飯器の場合は、スイッチが切れた後、そのまま10〜15分ほどおいてください。
ここでひとつ注意することは、蒸らしている途中でふたをぜったいに開けないということです。
お米のおいしい炊き方の仕上げは、しゃもじでご飯をほぐして終了です。ご飯を炊きあがったままにしておくと、ご飯が固まってしまいます。10〜15分ほど蒸らした後はできるだけ早くご飯をほぐしましょう。余分な水分がぬけてふっくらとしたご飯になります。ご飯をほぐすときのポイントは、ご飯粒をつぶさないように釜の底の方からふんわりと、しゃもじで混ぜましょう。

category : お米の炊き方 | - | -
米の種類と米の炊き方

お米のおいしい炊き方

をおいしく炊くための基本のポイントの続きです。
お米をおいしく炊くには水加減を調節することです。
水加減でお米ののおいしさがかなり左右されます。炊飯器のお釜についている目盛はあくまでも目安だということを覚えておいてください。お米を計ったカップできっちりと水の分量も量って入れましょう。おいしい米を炊くための水加減は、白米の場合、洗う前のお米の量の20%増し、新米は10%増しが基本です。
この分量にこだわらなくてもお米を軟らかめに炊きたいときには水を多めに、硬めがよい場合には水を少なめにするといいと思います。
次にお米に十分水を吸わせることです。
ふっくらしたおいしい米を炊くには、炊く前に十分水に浸して、お米に水分を吸わせることがポイントになります。よりおいしくしようとすると、お米を水に浸しておく時間は水温によって違ってきますよ。夏なら30分くらい、冬は2時間くらいおいてお米によく水分を吸わせるとよいでしょう。
category : お米の炊き方 | - | -
米の種類と米の炊き方

お米のおいしい炊き方

をおいしく炊くには、まずは洗米、水加減そしてお米を炊いた後の蒸らしなど、いくつかのポイントがあります。
最近は、いろいろな機能がついた炊飯器が登場してきてすこし前に比べるとおいしいお米が炊けるようになりましたが、それでもよりおいしくお米を炊くためにいくつかのポイントをおさえておくといいですよ。
まずは、お米をきちんと計ることです。 お米は、炊飯器に付属してついてくる計量カップ(180ml)で十分ですのできちんとカップにすりきりまで入れて量りましょう。
次にお米を洗うときは手早く洗うことです。 洗米の目的は、お米の表面についているヌカを落とすことです。ゆっくりお米を洗うと、お米ががヌカ臭くなってしまいます。
お米を洗うときはたっぷりの水で数回軽く混ぜるようにして手早く洗い、すぐに水を捨てます。その後2〜3回水をかえて洗い、最後はお米についている水気をきちんときりましょう。
category : お米の炊き方 | - | -
米の種類と米の炊き方

お米を炊く土鍋の使い方

をよりおいしく土鍋で炊くには。
お米を火にかけてから出来上がるまでは、絶対に蓋を開けない(途中で蓋を開けるとお米が上手に焚きあがりません)
土鍋の底は絶対に水で濡らさない(底が濡れた状態で火にかけると割れることがあります)
お米をすぐに焚きたい時はぬるま湯にひたします。水で最低30分はお米に吸水させたいところですが、急ぐ時には水ではなくぬるま湯で5分位吸水させます。
芯が残ったら酒をかけて蒸らします。お米の焚きあがりが少し硬い場合は、小さじ1ほどの酒を振りかけて蓋をし、お米を5分ほど蒸らします。
100円土鍋は大きさがちょうど1合のお米を炊くのにピッタリです。
深いタイプの土鍋でも、もちろんお米を炊くことができます。また、普通の土鍋でお米を炊く時も、分量に関わらずお米の炊き方の基本は同じです。
鍋でお米を炊くのは、火加減とか難しそうと思われがちですが、基本は強火で沸騰→弱火で5分→蒸らし20分で手軽に美味しくお米が炊けますのでぜひお試し下さいね。


category : お米の炊き方 | - | -
米の種類と米の炊き方

簡単に土鍋ご飯の焚き方

を簡単に土鍋で炊くポイントはいくつかあります。
まずお米1合を洗い、ざるにあげます。土鍋に洗った米と水1カップ(200cc)を入れて、お米に30分ほど吸水させます。
次に土鍋に蓋をして強〜中火にかけます。しばらくして鍋が沸騰し、蒸気が上がってきたら弱火にします。
そのまま土鍋を5分間火にかけ、5分経ったら再び強火にして10秒数えたら火を止めます。
蓋をしたまま20分蒸らしたら出来上がりです。
炊飯器にはない美味しそうなお米が炊けますよ。
category : お米の炊き方 | - | -
米の種類と米の炊き方

米を美味しく炊く裏技

がより美味しく炊けると言われている裏技を、皆さんもいくつか知ってますか?
一般によく知られている米が美味しく炊ける裏技をいくつかご紹介します。
,發訴討鬚劼箸弔み加える(米の量の1割程度)
⊆鬚鮠量加える(米1合に対し大さじ1程度)
みりんを少量加える(米1合に対し大さじ1/2程度)
と長炭を入れて炊く
・サラダオイルを数滴加える
・にがりを加える
・はちみつ少量を加える
・一度沸騰させて冷ました湯(白湯)で米を炊く
・別の種類の米と混ぜて炊く
個人的なおすすめ方法は「みりん」です。少量加えるだけなのでお手軽ですし、甘みの少ない米にも適度に甘みが出て、米のつやもよくなります。
米を炊くとき色々試して、一番美味しく変身してるなぁと思われる方法を見つけてみてください。
category : お米の炊き方 | - | -
米の種類と米の炊き方

米の炊き方の基本 その

の炊き方ですが・・
■水加減
基本的には炊飯器の目盛り通りの水量ですが、柔らかめ、固めはお好みで水加減をしてくださいね。新米は古米に比べて水分量が多いので、
若干水を少なめにします。逆に無洗米の場合は、通常の1割増し位の水が適量です。
■吸水
最低でも、夏30分、冬2時間程度は米に吸水させるようにしましょう。この吸水時間で炊きあがりにかなり差が出ます。
でも吸水時間が長ければ長いほど良いというものではありませんので注意。
どうしても洗ってすぐに炊かなければならない場合は、水ではなくぬるま湯に米を浸して炊いてください。
■炊飯
炊飯器で炊く場合はスイッチを押すだけですから特に注意する点は無いと思います。
タイマー炊飯などの場合は、吸水時間が長くなりすぎないように注意してください。
炊飯が終わったらすぐに蓋を開けずに10〜15分程度蒸らし、その後しゃもじで釜の底から返すようにご飯をさっくりと混ぜます。
category : お米の炊き方 | - | -
米の種類と米の炊き方

米の炊き方の基本 その

まずは炊飯器で炊くおの一番基本的な米の炊き方です。
当たり前のように炊いている米も、きちんとポイントを押さえて炊飯することでよりお米の美味しさが引き出せますよ。
■洗米
お米はゴシゴシ研ぐというよりも、たっぷりの水でさっと洗うようにします。米と米を擦り合わせるように研ぐ必要はありません。
まずボウルにたっぷりの水をはり、計量した米を一気に入れます。(米に水を注ぐようにすると、吸水にむらができるといわれています)
1回目の洗米は、米がぬか臭くならないようにするため手早くさっと洗ってすぐに水を捨てます。その後水を4〜5回ほどかえて米を洗います。
水は完全に澄むまで洗う必要はありません
category : お米の炊き方 | comments(0) | trackbacks(1)
米の種類と米の炊き方
Page: 2/2  << 
お米の炊き方 | 米の種類と米の炊き方サイトトップへ