スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

category : - | - | -
米の種類と米の炊き方

おいしいお米の条件

お米を食べるとき私たちは食べ物のおいしさを舌だけでなく、五感を使って味わっていますね。
中でも、お米のねばりと堅さのバランスを左右するのが、アミロースというでんぷんです。多くの人が感じるおいしいご飯のおもな条件というのを紹介したいと思います。
視覚 色が白く、つやがあり、つぶの形が良い
聴覚 かむとき音がほとんどしない
嗅覚 風味がある
味覚 いくらかんでも味が変わらず、多少油っこい感じと、なんとなく甘い感じがするが無味に近い
触覚 あたたかく、ご飯つぶがなめらかでやわらかく、ねばりと弾力がある
これらの、条件がご飯をおいしいと感じる条件になると思います。
 
JUGEMテーマ:家庭


category : お米の種類 | comments(0) | trackbacks(0)
米の種類と米の炊き方

お米の種類

の種類は意外にたくさんの種類がありますよ。おの種類は全部で1000種類以上はあるのではないかと言われています。
の種類は大きくは次の3つに分けられます。
ジャポニカ米(短粒種、円粒種):日本型
学名:オリザ・サティバ・サブスペシース・ジャポニカ
インディカ米(長粒種):インド型
学名:オリザ・サティバ・サブスペシース・インディカ
ジャバニカ米(中粒種、半長粒種):ジャワ型
学名:オリザ・サティバ・サブスペシース・ジャバニカ
他にも栽培方法による分け方もあります

category : お米の種類 | - | trackbacks(0)
米の種類と米の炊き方

お米の種類

お米の種類は大きく分けて3種類ですが、このほかにも特徴あるお米として、古代米というお米もあります。

古代米は、その字のごとく稲の元となった原種の特徴を残した野生種のお米のことです。

古代米は、今のお米とは違って、玄米の状態では、色が赤や黒などの濃い色をしているのが特徴です。以前紹介したジャパニカ米、インディカ米、ジャポニカ米は品種改良されてお米の収穫量がおおくなるように改良されていますが、古代米は現在の米とは違って、収穫できる米の量は半分以下ですが生命力が強く、苛酷な環境でも育ちます。

古代米は収穫量は半分ですが大変栄養が豊富で、タンパク質やミネラル、ビタミンが多く含まれています。

古代米には、赤い色素・タンニンを含んだ「赤米」や紫色の色素・アントシアニンを含んだ「黒米」などがあります。
最近では古代米のその栄養価の高さに注目されてきているみたいですよ。

category : お米の種類 | - | trackbacks(0)
米の種類と米の炊き方

お米の種類

の種類は大きく分けて3種類だということは以前紹介しましたが、その3種類のお米をくわしくみていきますと・・

ジャポニカ米は、日本型と言われていて、その名の通り、日本でよく食べられているお米です。世界で生産されているお米の約2割弱がこのジャポニカ種で、日本や朝鮮半島、中国北部を中心に栽培されています。
ジャポニカ米は、温暖で、雨が適度に降る地域が適しています。
ジャポニカ米の形は丸みを帯びた楕円形をしています。
ジャポニカ米の食べ方としては炊いたり蒸したりして食べるのが一般的で、熱を加えると粘り気が出ます。

インディカ米は、インド型と言われていて、インドからタイ、ベトナム、中国にかけてと、アメリカ大陸で生産されています。
インディカ米は、高温多湿な地域が適しています。世界のお米の約8割がこのインディカ米です。
インディカ米の特徴は、ジャポニカ米と比べてかなり長細い形をしています。
インディカ米はジャポニカ米に比べると、粘り気が少なく、パサパサした感じがします。食べ方は煮て食べるのが一般的です。

ジャパニカ米は、ジャワ型と言われていて、ジャワ島やインドネシアなどの東南アジアやイタリア、スペインで栽培されています。
ジャパニカ米は、亜熱帯地域が適しています。
ジャパニカ米の形は、ジャポニカ米とインディカ米のちょうど中間のような形をしています。
ジャパニカ米はやや大粒なのが特徴で、味はあっさりとしていて、熱を加えると粘り気が出ますが、ジャポニカ米よりは粘り気はありません。


category : お米の種類 | - | trackbacks(0)
米の種類と米の炊き方

おいしいお米の選び方

おいしいおの選び方のポイントは、まず毎年(財)日本穀物検定協会が発表している「お米の食味ランキング」というのを参考にするといいとおもいますよ。
(財)日本穀物検定協会では、きびしい食味検査によって、おいしい米をランキング形式で発表していますよ。
おいしいお米の選び方では、最近科学的に遠赤外線などで、お米のおいしさを計測する「食味計」というのも普及していますので参考にするといいとおもいます。。
ほかにもおいしいお米の選び方の知識として、 お米を買う前に、乾燥・貯蔵・精米の知識、またお米の表示の知識などもあるといいと思いますので、また紹介していきますね。

category : お米の種類 | - | -
米の種類と米の炊き方

お米の食べ方

は田んぼで収穫されてトラックでお米屋さんに運ばれてきます。この段階ではまだお米は玄米という茶色いお米です。
最近はお米の食べ方もいろいろでてきて、健康のために玄米のままお米を炊いて食べる家庭もでてきました。
他にもお米屋さんから玄米のまま買ってきて自分で精米するという家庭もあります。
精米する機械もだんだん普及してきて10キロ100円ぐらいで精米できますしね・・・
玄米を精米機で少しだけ(今では精米の度合いを選べる精米機がほとんどです)精米すると、米粒の胚芽の部分を残したお米になります。
胚芽が80%以上残っているお米を胚芽米(ハイガマイ)といいます。
胚芽米は玄米よりも食べやすくて、健康によいといって結構人気がありますよ
さらに玄米を精米すると、米粒の胚芽の部分も茶色い薄皮もとれて真っ白な米粒になります。この真っ白な米粒が普段、私たちが食べているお米です。
白米は玄米よりも消化がよくておいしいです。
最近では、アレルギーが出ないように低タンパクなお米や、お米を研がなくてもいい手間のかからない無洗米というのもでてきています。


category : お米の種類 | - | -
米の種類と米の炊き方

お米の一般的な知識

を主食にしている国は日本の他にも中国、タイ、インドなどアジアの国々を中心にいろいろあります。
お米を主食にしていなくても、パエリヤなどで食されています。お米の消費量でみると世界のお米の90%近くがアジアの国々で消費されているみたいですね。
(他の国々はパンやパスタなどで小麦が主食でしょうか?)
そんなお米の種類もざっとあげると「ササニシキ」「コシヒカリ」「ひとめぼれ」「あきたこまち」などいろいろありますね。
お米の名前ですが、新しい品種のお米を作ったときにつける名前は、開発された順番に番号がつけられているって知っていましたか?
「きらら397」の397は397番目に開発されたもので、「きらら」というのは稲の名前です。
お米は登録するときに稲に別の名前をつけています。
稲の名前も例えば、「ささにしき」はササシグレとハツニシキを合わせて名前をつけられました。「ササシグレ」の「ササ」とハツニシキの「ニシキ」をとって「ササニシキ」になりました。

category : お米の種類 | - | -
米の種類と米の炊き方

お米の種類について

前回に引き続いておの分類についてです。今回はお米の栽培による分類の仕方です。
  栽培法(お米の水分要求量の違い)
水稲(すいとう)によるお米の栽培方法
田んぼに田植えをする稲です。日本ではこの水稲による栽培方法が多く行われています。やっぱり日本は水資源が豊富だからなのかもしれませんね。
陸稲(りくとう)によるお米の栽培方法
畑に種もみを直接まく稲です。アジアの国々では陸稲が多く行われているみたいです。日本ではもち米の栽培にこの陸稲というのがおこなわれています。
  栽培法(お米の成熟期間の違い)
早生種(わせ)特徴としては稲の中で早く開花・結実し、実を付けます。
中手種(なかて)早稲(わせ)と晩稲(おくて)との中間期に実をつける品種。
晩生種(おくて)早生種や中手種と比べると遅く実をつける品種
ふだん何気なく食べているお米だけど、こんなにも種類があるんですよ
category : お米の種類 | - | -
米の種類と米の炊き方

お米の種類について

には当然、いろいろな種類があります。お米のつぶの性質の違いから、このように分類されています。
まずは、でんぷん質組成の違いによる分け方です。
「粳米」(うるちまい)私たちがいつも食べている普通のお米のごはんのことです
「餅米」(もちごめ)餅米をたくとねばりがでてきます。一般的にはお餅や赤飯に使われています。
「赤米」古代米の一種です。よくかむとあまみがでてきます。
「香米」強い香りがあるお米なので、このお米を炊くときには、ふつうのお米に少しだけまぜて炊きます。
醸造米・酒米(さかまい)とも呼ばれ主に日本酒をつくるときに使われます。
日本酒がお米からできているって知っていましたか?ちなみに日本酒は精米・米蒸し・麹造り・もと造り・仕込み・搾り・火入れなどの手順をふんでつくられますよ。
category : お米の種類 | - | -
米の種類と米の炊き方

稲の種類

今回は、おになる前の稲の種類について紹介したいと思います。
稲は大きく分けて三つの種類があります。ジャポニカ・インディカ・ジャバニカです。
それぞれの特徴をあげると・・
・ジャポニカ(日本型イネ)
日本・朝鮮半島・中国東北部などで主に作られており、丸いかたちのお米です。たくとねばりとツヤが出ます。皆さんが毎日食べているのはこのお米だと思います。
・インディカ(インド型イネ)
中国の中南部・タイ・ベトナム・インド・アメリカなどで主に作られている、長細いかたちのお米です。お米を炊くとパサパサした感じになります。
・ジャバニカ(ジャポニカとインディカの中間型)
ジャワやイタリアで主に作られている、やや丸いかたちのお米で、お米の特徴としては形が大つぶです。味はあっさりしてねばりがあります。
category : お米の種類 | - | -
米の種類と米の炊き方
Page: 2/3  << >>
お米の種類 | 米の種類と米の炊き方サイトトップへ

カテゴリー

最近の記事

RSSリーダーに登録

  • Subscribe with livedoor Reader
  • はてなRSSに追加
  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google

リンク集

ブログ内を検索

Sponsored Links

Feed

無料ブログ作成サービス JUGEM